自然環境

  • 村域の水系は、霧坂峠と樽下峠を結ぶ尾根によって2つに分けられた水系によって区分される
  • 昭和43年8月(806mm1日最大252mm)と昭和448月(564mm1日最大289mm)に集中豪雨。
  • 最高標高点は茶臼山(1,415m)で、最低標高点は佐久間ダム堰堤下ウナギダル沢(140m:郡内最低)
  • 御池様御神体のポットホールは長径20メートル、短径8メートル深さ8.5メートルで形からしても日本一。
  • 基盤岩は領家変成岩および苦鉄質岩・花崗岩で、それを覆って各所に設楽層群の堆積岩や火山岩が分布
  • 砦山はゆきよし親王が砦とされたところ。砦(親王)様とキサキ様の祠。11月13日に最も近い日曜日に日余沢集落によって祭礼が行われている。

<つづく>

豊根村誌から抜粋した文章を掲載していきます。